上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 藤咲淳一
監督 丹野雅仁
視聴率 2.7%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ギャグの回は終わっただと? 馬鹿を言うな……


... 続きを読む


スポンサーサイト
脚本 檜垣亮
監督 丹野雅仁
視聴率 2.0%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

革命的GENEケータイ、カラーは……1色のみ


... 続きを読む


2009.03.05 43話 真の敵
脚本 神山修一
監督 辻裕之
視聴率 2.0%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

メールボムはかんべんな!!!


... 続きを読む


脚本 山口宏
監督 辻裕之
視聴率 2.7%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ゼロワンの人生に、一片の疑問なし


... 続きを読む


ケータイ捜査官7

さて。私の本編を語るレビューも今回が最後となります。
たまたま検索でひっかかりで、来ていただいている方。
大昔の超星神シリーズのレビューから来ていただいた方。
大航海時代オンラインから入った方々w etc..
本当にありがとうございます。
最終回は、1時間ということで分割してお届けしたします。

ご存知の方も多いかとは思いますが、ネイト本人のSF脳+特撮脳とやらはスペック低いです。
あるのは、根性と気合とお笑いと、若干大目気味な誤字脱字です。(原因の根幹は……社内でひっそりつくっている……からw)
なので「SF作品の○○と対比」とか「仮面ライダー○○の誰がしの~」とか、かなり無理です。
……松田さんは知ってますが、その程度です。ほら薄い。

なので「ケータイ捜査官7を甘く見ている」とか「解釈が薄い」と思われた方も、これからもいるとは思いますが、勢いで作ったこのブログでも、一応最後まで私なりに責任とってやるつもりです。
ついでにいうと、気が変わったから削除とか、ネット的世界にありがちなこともしない予定でいます。

45
産経新聞・関東版 2008年3月18日テレビ欄

だって、この作品は「記録される作品ではなく、記憶され続ける作品なのだから」

きっと将来、IT的技術の進歩で、この作品のSFやIT系の内容が古い話になろうとも、きっとこの熱気を帯びた作品の質と、役者さん、声優さん。それにスタッフの皆さん、毎回愛らしいPBを生み出し続けきっと一番しんどい仕事をしていただろうCG屋さんの、画面から伝わる情熱は冷めないと思います。明日未来でもPBたちと人の絆は通じる話だと思います。
                                         2009年3月19日  ネイト


... 続きを読む