上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2009.02.13 網島春美
網島春美(あみしま はるみ)
春美





スペック
ルックス ★★★☆☆(ふつうのお母さん)
PCスキル ★☆☆☆☆(興味がないらしい)
対人スキル ★★★★☆(かなり社交的)
ケンカスキル ★★★★☆(旦那の尻も叩きますw)
お味噌スキル ★★★★☆(バリバリの文系)

趣味 ガーデニング、読書

網島健太郎の妻にしてケイタ、可憐の母、42歳。
ネットやテレビに興味がなく、世間的な流行に疎いらしい。
趣味のガーデニングで網島家の家はいつも花でいっぱい。
夫が転勤ばかりして、子供たちがすっかり人間関係にくたびれているのに、1人春美だけは今現在も社交的で、ときおり夕飯のしたくもせず友達とカラオケなどにもっている。(子供たちの宅配ピザ頼むよう、お金を渡したようだ)

もともと料理のスキルは高く、クリスマスに家に残る子供たちのために鶏の丸焼きやご馳走を用意してくれることもあるが、普段の網島家は食事の時間がバラバラで本来のスキルを発揮する機会が少ないらしく、1人早く帰ってきた夫に冷凍餃子をあてがってしまったりしていることもままある。

春美

物事に夢中になってしまうタイプのようで、昔読んだ小説を引張り返して読みふけり家事をおろそかにしてしまうこともあった。ただ、春美の文系スキルは、趣味の範囲としてはかなりレベルが高く、文語文の文章をスラスラと音読できる。一言でいうならば、文学少女がそのまま大人になったの典型。

春美
一番好きな小説は「号泣先生/著者・明日川こと現在の甘木豊二郎」
学生のころハマって泣いたという。

春美

子供たちとの関係は大変良好で、年頃の息子の部屋に入っても息子は嫌がりもしない。
(息子の部屋の掃除は母がしてくれているようで、ケイタの様子をそのスキに観察しているようだ)


春美
小説のカルチャースクール(講師は作家・甘木豊二郎)に通っていて、ケイタの友だち・御堂 優璃とも知り合い。
ケータイは持っているようで#7で、御堂さんの書いたというケータイ小説に興味を持ったりしていた。
大変良く出来た母親で、初めて会ったと思われる御堂のことをアレコレ息子ケイタに聞いたりはしなかった。

春美

最近、バイトで様子の変わった息子・ケイタを心底心配しているようで、帰りが遅い彼を玄関で待ち続けた日もあった。

春美
夫婦関係は大変良好で、一緒にパズルをしたり、クリスマス・デートなどもしている。
(※ひとことでいうなれば尻に完全敷いている、ついでにリアルに尻を叩いている#11)
若い頃、文明党青年部でアイドル的存在のウグイス嬢で、おなじ文明党青年部に所属していた健太郎と知り合い、そのまま結婚した。(文明党青年部内では、いまだに語り草になっている)
旦那が突然区議会議員に立候補したときも最終的には献身的に応援し、わずか5票差で落選してしまった夫に対し「今度はがんばりましょう!!」と今後も夫の夢を支える意欲満々な、大変出来た奥様である。

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/101-527bdf5b