上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 藤咲淳一
監督 丹野雅仁
視聴率 2.7%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ギャグの回は終わっただと? 馬鹿を言うな……





セブンに生まれた孤独と繋がる遺伝子


日々成長を遂げるケイタ。今日の事件は、プラスチック爆弾 丁寧に仕かけてくれた「ウイルスばら撒き犯」のようで。
41
41

……どっちかに絞れよ、犯罪者。

41

でなにやら、気になるケータイが……。

41
41
41
41
41

ケイタ、アンダーアンカーのエージェントになって初めて犯罪者の完全確保達成!!!!
おめでとうっっっっ
一本背負いは誰から習った? 桐原か瞳子か??
……どっちもタダでは済まなそうで……恐ろしいんだけど。

41
41

ケイタ「これ終わったら、滝本さんの墓参りいかないか?」
セブン「滝本の、墓参り?」
ケイタ「いま犯人、1人でKOした、だから今のオレとお前、滝本さんに見てもらいたいとおもってさ」
ゼロワンのことも含めて、滝本の墓前で報告したいというケイタ。
返事がなかなか返ってこないセブンに対し、謝るケイタ。
セブン「いま、滝本のことを思い出していただけだ」
41

ケイタ「そのうちお前の力を借りなくても、頑張ればひとりでプログラム制圧でもできるようになるかもな」
41
41

セブン「まってくれ、バディ。このウィルスプログラムには、PBの思考ルーチンに似た物を感じる」
気になったセブンは、セカンドシークエンスを開始する。


ブブブブブ。
沈黙していた放置してあるケータイのバイブ音が鳴った。

41
41
41
41

ゆっくりと開くケータイ。
セブン「……きみは……」


41
41
41
41

返事の帰ってこないセブンを心配し、ビル中を探し回るケイタ。
よぎるのは、かつての間明の罠。

そしてセブンは居なくなってしまった。




41
41
セブンが気がつくと、そこは電波が圏外な不快な場所。
そして手足が拘束されて自由がきかない、目も塞がれ何も見えない状態にあった。しかも自分に繋がる謎のコネクタ。
※41話まできてやはりここの作り手は丁寧だ。PBの目は、液晶にあるわけではなく、上部のカメラモニターが彼らの本当の目玉。液晶の顔はバディ(相棒)とのコミュニケーション・ツールに実は過ぎない。ちゃんと本当の目玉を隠している。


41
41
??「怖がらないで」
セブン「だれだ」
??「はじめまして、セブン。私はフォンブレイバー・セカンド」
セブン「セカンド? 君は破壊されて存在しないはずだ」
セカンド「私は、あなたのラムダチップの中に存在している『記録』という形の思考データ……あなたは今、眠っているの。そして眠りのなかで夢を見ているだけ」
セブン「夢などとなんで、あいまいな表現をつかう? 君自身がデータと表明するなら、ここは私の論理空間ということだ」
セカンド「あなたらしい回答ね。でもね、これはあくまでも夢。あなた自身気づいていないけれど、貴方は夢を見るほどに成長をしてきたの」

セカンドのいうことに、理解ができないセブン。

セカンド「あなたが人間になろうとしていること……」

セブン「わたしが人間に?」

PBは恐れを知らない、夢も見ない、孤独も感じない。とセカンドはいう。
突然突きつけられた、「寂しい」という感情の言葉に戸惑うセブン。

セカンド「教えてあげる、どうしてあなたが寂しがっているか……」



41
41
41
41
41

床を這い回ってセブンを探すケイタの目に入ったのは、恐ろしくキレイなおみ足。

申し訳ない……美作部長。これだけでゴハン3杯いただけます!!!!(女子だけどw)

で、恨むぞ地でじ!!!!


41

でなに、そのガスマスク?????

41

アンダーアンカーの力をもってしても、探知できないセブンの行方。

keitai_41_227
41

本部に戻ってもなにも解らないまま、不安だけが募るケイタ。
誰かに誘拐されたか、もしくはゼロワンのように自主的な離脱を図った(よーは家出)可能性があると美作部長。
美作「ラムダチップを積んだセブンがゼロワンのようにならないという保障はどこにもありません」
ケイタは、バディであるセブンが勝手に消えるはずがないと否定する。
ケイタ「さっきだって、滝本さんの墓参りに行こうって……そういえば、その話をしたとき……なんか変だった」
美作「滝本のことを思えば、誰だって冷静にはいられないはず、当然です」

41
41
ゼロワン「バディを失う……その喪失感がどれだけ俺たちを苦しめるか、お前たちにわかるか?」
ゼロワンはその果てに待っていた、耐え難い孤独というのを知ってしまった。
PBは『バディシステム』によって人格を形成している。バディからは離れられない宿命。
つまりは、PBの人格(精神)は、相棒があって始めて出来、かつ維持が可能なとても不安定なもので、その心の半分が何度も失うとこになったゼロワンが苦しみ、人格がやさぐれるのも当然なわけで。

41
41

ゼロワンの孤独独演会をリトラクトフォームで終了させるケイタ。
ケイタ「孤独、孤独いうなよ。お前らには俺がいるだろ」
ゼロワン「うぐっっ」
そーいう無意識の愛の告白みたいな言葉が……きっとPBにとっては「耐え難いほど理解に苦しむ網島ケイタ(16)」なのかもしれない……。

41
41
ケイタの手伝ってくれるかっていう前のゼロワンのニヤニヤ顔。嬉しかったんだろうね。




41
41
41
41

再びの断線。セカンドの名を呼ぶが返事はない。
気がつくと、本部に自分はいて宙吊りになっていた。
滝本「久しぶりだな、セブン」
セブン「滝本!!」
死んだはずの滝本が自分の目の前に現れ混乱するセブン。
セブンの孤独が、自分を呼んだという滝本。

41
41
降ろしてやるといって手を伸ばす滝本の手をつかもうとするのは、明らかに人の手。
戸惑うセブン。

滝本「知ってんだ、俺。お前がオレとしたかったこと」

41
41
滝本のように車の運転をしてみたかったセブン。
……滝本譲りのスリルドライブなよーで。

41
41
41
41

滝本と一緒に酒を飲んでみたかったセブン。
そして、滝本がいつもクルマで帰っていたので、きっと飲めなかったのを見てセブンなりに不憫に思っていたのだろう。自分が運転するから好きなだけ滝本に大好きなお酒を飲んで欲しかったのだろう。


41
41
滝本「人間として扱われることを望んでいただろう?」
自覚がないことを言われ戸惑うセブン。



41
41
41

セカンド「やっぱり、あなたは人間なのね私に関する情報は、4.97%、それに対して網島ケイタに関する情報は21.21% 滝本壮介に関する情報は39.14%」
数値を否定するセブン。
突然現れるケイタ「オレは滝本さんのかわりなんだな」
ひどいことを言われ傷つくセブン。
41
41
41

セブン「どうしてこんなに心苦しいのだ」
滝本「人間だから悩むんだよ」
ケイタ「んなの当然じゃん」
滝本、ケイタ、そしてセカンドの言葉で追い込まれていく、セブン。



41
ゼロワンを使い、セブンを探すケイタ。完全不審人物です。

背後になにやら気になる看板が。

41
41
……ケイタ、安心しろ。君よりももっと不審な人物いるから。
間明「夢見るセブンが孤独を知ったとき、新たな種の兆しを宿す……早く見せておくれ、父なるセブン」



41
41
41
ソリッド+アナライザー+メディック姿を褒めるケイタ。
ケイタ「すげー似合ってるよ」
ゼロワン「誰にものをいっている」



41

ゼロワン「余った……」

41
言われるまま耳?に装着。

41
ゼロワン「ちゃくしーん」
ケイタ「なにポーズ考えてんだよwwww」

41
ゼロワン「チッ、ちゃくしんかんりょう(やる気ゼロ)」

しかし……なんつーか、サードは別として、ゼロワンとセブンは、ブーストフォン着身方法マニュアルを記憶(暗記)していないんでしょーか。って……、なんでゼロワンよりもケイタのほうが詳しいんだwと地味に笑ってしまう。

41
41
41
41
41

ゼロワンの予想では、駆除しようとしたときに逆にウィルスに感染した可能性があるっていうのでメディックで中和しつつ、ソリッドで上乗せしたアナライザーの機能でセブンを探すことに。
さすがのゼロワンすぐセブンを見つけることに成功。

41
41
41

深い孤独感と不安に潰されそうなセブンを畳み込む、セカンド。そしてフォースのまぼろし。

41
41

ここで初登場、セブンの双子の兄貴。フォンブレイバー・ロク!!!
(くまどりな顔しているヤツです)

41


もしかしてこういうことなのかもしれない。
~超推論~
ジーン

あくまで私の勝手なる推論ですが。
セブンを孤立させ、不安と喪失感な状況に陥れたのは、セブンから「バディシステムの引き剥がし(バディシステムに疑問を持たせる)」させるためではないかと。
引き剥がした人間のバディが本来行っていたところを、PBたちで穴埋めさせ、行く行くはPB同士で並列分散リンクを安易に引き起こせる状況に置こうという、間明+真の敵の目的なのではなかろーかと。
#33で間明がサードからデータをかっぱらったのは、まだ完成していなかったPBファイブこと、ジーン携帯のラムダチップ内の抽象化データの矛盾を埋めるための……模型でいうところのパテ剤のような役割として利用するためではないかと……思われます。あくまで、私の推測ですが。



41
41
41
41
41
意識朦朧なセブン。
ってなぜトイレ。


41
遠くでニヤニヤな間明蔵人。ホント、あんたも好きね~。


41
41
ゼロワンはまた1人でどっかいっちった。
意識的に混乱気味なセブンはケータイとして扱われることに疑問を抱く。

41
41
41

心配してくれるケイタに安心しつつもセブンの心はどこか上の空。


41
41
41
41
41
41

セブンの不安感が生み出したPBファイブ改めGENEケータイが今目覚める。






41
41
41
41
41
41
41

次回
フラネット株式会社の自称イケメン社長登場!!!!
Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/102-5ca01e1d