上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 檜垣亮
監督 丹野雅仁
視聴率 2.0%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

革命的GENEケータイ、カラーは……1色のみ





増殖する茶色(インクリースブラウン)




42
42
42
42
42

 通学前のお着替えタイムに見ていたテレビから流れる、うさんくさーい間明出演の『フラネット』のCMに思わずひっくり返るケイタ。販売する商品はGENEケータイ。見た目もPBそっくり。セブンいわく、破壊されたファイブによく似ている、という。
 
42
42
42

妹・可憐も気になるらしいGENE携帯。
※そう、この怪しい間明の不気味爽やかCMをイベントいった方々は……一発目で見たわけで……。
ねー……胡散臭いべ~コレ。


42
42

PBの生みのお父さんたち3人が全員集合で、GENEケータイに、興味津々。
正直困っています。
で、こちらがウワサのGENEケータイ。

42
42
42

盗まれたファイブのラムダチップに、理想的なコストダウンが計られているGENE。
アンカーの特許で固めているはずのラムダチップが、特許庁のデータの改ざんという形で、間明の所有物になって法的手段もとれない。


超余談なのだけど。紙ベースで出された特許ならイザ知らず、アンカー株式会社並に巨大な企業なら絶対に社内に弁理士をかかえ、「インターネットでオンライン出願」しています。で、電子化の場合、出願するときのデータ形式がhtmlなため……特許庁の防壁破れれば、安易に改ざん出来そうな気がします。

もひとついうと……米国の特許のデータベースは、超ド急に「いいかげん」です。タイプミスでも出願可能+特許庁側がタイプミスしたやつがまんまデータ化されていて……閲覧しても、探したい企業+特許がなかなか見つかりません、マジ本当です。



42
42
42

町に張り出された大型のフラネット広告をみて、フンドシの〆なおしにかかるケイタ。
応答がいつもどおりなセブンになって、ちょっとホッとしている。

42
42
42
42
42

ラムダチップ実装で「ツナガル携帯」をうたい文句にするGENEに不吉な予感がすると怒り心頭な宗田元会長。
バラしてみたらしいご隠居いわく、並列分散リンク対策に、対策用の回路が導入されていて、GENE同士のダイレクトリンクが発生すると強制的シャットダウンするようにはなっている、という。
かつて高い能力を有していたエージェントだったらしい、間明。どっかの議員の推薦でアンダーアンカーに入ったようだ。

宗田いわく、今現在「ネットワーク統制委員会(お役所の組織)」というのが活発化しているらしく、国がネットを監視するって動きになってきているようです。

42
42
42
42


群れを成したPBがブレーカーをぶっ壊し、みんなで街中でてホコ天状態で「ケータイ変だ!!」を踊りまくっている、シュミレーション上の「明日未来」

教育プログラムと、禁止事項を抜きにして量産化すると、なんかアレな未来が予測されるそうです。
うはぁ……増殖した台所のGの大行進みたいだわぁ。


42
42
42
42
42
42
42
42
42

解らないから怖い。GENEが「気の利くケータイ」として黙って働いていればいいんだけど、このてんこ盛りに売れ売れ状態のGENEが個性を持ち、どんどん成長し、人間との関係が築かれないうちに「自我」に目覚めたら、仲間(友だち、同士)を求め、意思の疎通(情報交換)をして、並列分散リンク……につながる道筋ができてしまう。

桐原と部長の会話の最中、セッセとGENEのイラストを書くケイタ。
ここにきてようやく、PBの巨大化が理解できました。

42
42
42
42
42

人間以外の知性をもつモノを受け入れられないという瞳子に、あっさりと
「受け入れている」というケイタ。
ハタと気づかされる、エージェントたち。
ケイタ「もしもPBがたくさん生まれたとき、びびる人たちに「仲間だよ、怖くないよ」といってあげられるために、エージェントっているんじゃないんですか?」
間違ってます?とフツーに言うケイタに対して、なんかとっても、いとおしい目でケイタを見る部長。

PBは人類の敵になると散々いっていた間明本人がコピーものとはいえPBを販売している点がエージェントたちには、気になっていた。


42
42

自宅に帰ると、さっそくGENEを妹が買っていた。
どうやら、可憐ちゃんは新しい物好きらしい。


42
42

瞳子「世の中ブレイバーのコピーであふれているのに、わたしのこの子は目覚めを禁じられた眠り姫」
そう、ここで初めて解ったこと。なんでフォースがこのままなのか。
初期化も出来ない、起きたら途端にPBやエライザに感染してしまうウィルスを世に出さないために、このまま凍結されているフォース。言い方は悪いが「臭いものにフタ」をされているようだ。
はじめてPBを手にしたときを思い出す2人。
瞳子「どうして新しいブレイバーを持たないんですか?」
美作「瞳子さんと同じです。私のバディはセカンドだけですから」

42
42
42

GENEのコンセプトが宗田会長の夢見る世界、それに一歩近づいたというサード。
ネット世界が信じられない桐原はいらだつ。

42
42

登校すると、御堂さんまでGENEもってるし。
デンジュウロウとか名前つけているし、ケイタよりも気がつくそうです。
なんだかなぁ……。
どうやら「ケータイの生まれた日」の彼女は御堂さんっぽい。

42
42
42

こちら都市伝説刑事。
志村刑事は息子さんからGENEをプレゼントされたと。
海斗は買えないっていって羨ましがってます。
そら……欲しかろう、アンタ。
早速触らせてもらうことに。
GENE「おはようございます」
海斗「かわいい(キューン♪) これで歩いてくれたら最高なんですけどね」


42
42
42
42
42
42

こちらアキラちゃん。早速購入。でもセブンLOVEは変わらず。
GENEの名前は「たこ焼き」だとさ。……ソース色が美味しそうとのことで。
後ろについているのはどーみても手足。だけど、姿勢制御プログラムが入っていない、とのことで。
……やっぱアキラちゃんまで、GENEをバラしたみたいです。さすがや。
姿勢制御プログラムとフツーに喋るためのプログラムを「たこ焼き」にコピーしてくれと頼むアキラちゃん。セブンそっこー拒否。
セブンにデコピン攻撃するアキラちゃん。
自分でつくってみたらどーだろーかー。


42
42
42
42
42

桐原は、宗田を呼んで話をすることにした。
宗田はネットに対する夢を語り、桐原は、危険だという。
考え方がある意味正反対の2人。
桐原「あなたが思うほどに、ネットの世界は成熟していない、あなたはネットに甘い」
理想論を語る宗田とは平行線になってしまった。

※運転手さんは、宗田の飼育しているペットボットの亀さんをお散歩中。
……なるほど、こーいうことやってるから、亀さん脱走したのね……。

42
42
42

フラネットで間明に社長をつける元宮。そして、なぜかフラネット社にいる伊達。

42
42
42
42
42
42

フラネット+GENEを利用しネット管理しようとしている、この三人。
宗田の理想に意を反する元宮。
センセイ(議員)が気にしているのは、GENEが自我を持つのかという点。
ハード的プログラムをかけてあると自信満々な伊達。
ゼロワンが脅威になるのでは?と元宮。
「薬が効きすぎただけ」という間明。
あっさりと伊達は、
「制限回路を外しただけ」といってしまう。
この三人がなにかをしないかぎり、GENEは自我を持つことはないというが。
※この制限回路うんぬんは「番外編/ケータイメカ大集合!」で最初に登場。
開発部の支倉、それにサード、セブンも「制限回路はPB自身では外せないから、なんでアンカーの管理化から外れたのか、謎」だといっていた。



今後、PBたちのデータを抜き取り、GENEに移植するという間明。
それにより、GENEたちはネットの監視役として人の傍らにいる存在になっていくという。

そして、アンカーに対するスキャンダルを流しアンダーアンカーを解体するのが間明の目的。
元宮「致命的とは?」

間明「網島ケイタ君が死にます」




……。
さて、間明は恐ろしいこといってます。
ケイタが死にますって、どーいうことだろうか? 考えてみました。
1.自分のように社会的に抹殺する(って当の本人は、死んでるのに本名?でシャーシャーと生きて、かつテレビCMにでてますが。まあ変態間明なので、きっと突っ込んではいけないんかなぁ~っと。パトレイバー劇場版の帆場 暎一(ほば えいいち)を地で行く人だしさぁ。)
2.精神的に抹殺する。(簡単に言うと、セブンを持てない状況に追い込んで、セブンをリアルな孤独に追い込む)……根性ワルな変態間明ならやりそーだなぁ。
3.リアルに抹殺。(うん、間明、お前も、ちんでくれwww)

42
42
42
42

その日の早朝、セブンはゼロワンのことを待っていた。
先日の誘拐されたときに見た夢について相談するためだ。
悩む夢は、間明の作った擬似記憶だと一蹴するゼロワン。
ケイタの現実にいった言葉がセブンには、かなり堪えたようで。
ゼロワン「ひとり、という言葉が、堪えたようだな」
悩むセブンに一言、

「網島ケイタに心配をかけるな」
といって立ち去るゼロワン。

42
42
42
42
42
42
42

フラネットに現れれた桐原&サード。
桐原に、ネット社会を監視することを目指す側に自分はいると語る間明。
ネットに危機感を感じる人間が監視するのがいいという間明に「何が言いたい」という桐原。
背後から現れた伊達にまで、頼まれる桐原。
例えとして運転免許についていう伊達。そう、ある種の免許のようなものが必要だというのだが。
桐原は間明側の人間になってしまうのか?

42
42
42

ケイタに届くメール。タツローからの写メ。
タツローもバディケータイをもったという知らせ。
きっとタツローはケイタと対等な立場になったと、うれしいのでしょう。

42
42

ザワザワと人ごみの中、聞こえるGENEの声に、ケイタは不安を感じずには、いられなかった。


42
42
42
42

次回


早く大きくなーれ、なGENE。


真の敵といっておいて……間明側にいる、伊達は敵ではないのか、そーなのか。
心配です!!!!!



Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/104-9dd8dc01