上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
PBたちが、適度に平和に暮らしています。



ケータイ捜査官7
サード「ところでロク。改めてお聞きしたいのですが、貴方のバディ、ガンノスケ・ブラックバードさまとはどういうお方なのですか?」
セブン「うむ私も気になるぞ、なにせ一度しか会っていないからな」
ゼロワン「……ガンノスケ・ブラックバード???」

ケータイ捜査官7

サード「そういえばあの時、ゼロワンは……あのときでしたね」
セブン「美作部長やケイタ風でいうならば『自分探しの家出』というやつだな」
ロク「バカじゃねー? それってよ」
サード「ろっロク、それはいささか直撃すぎますよっっ」
ゼロワン「貴様をこの場で圏外にしてやってもいいんだぞ」
ロク「おう!! 上等だ!! 表でろ!!」
セブン「やめとけ2人とも。外は降水確率100%だぞ」
ロク、ゼロワン「ぐぬぬぬ」

ケータイ捜査官7

ゼロワン「仕方がない、話をもとに戻そう。そのガンノスケとやらは何者だ?」
ロク「あっしのシケたバディでごぜぃやす」
サード「それはひどいですよ。ブラックバードさまは、それはそれは大柄で身長200センチ以上、英国陸軍特殊空挺部隊出身の情報戦のエキスパートで、アンダーアンカー海外支部に所属する、唯一の海外エージェントという、それはそれは大変に素晴らしいお方です。お話の仕方がユニークでして、語尾に「~ダス」とつくのですよ」
セブン「ガンノスケはアキバ系だとおもったのだが。見た目も……猫背で不健康そうだぞ」
ロク「聞き捨てならねぇなっ、ガンノスケの野郎がちょっっっとアニメや特撮やアイドルや鉄道が好きなぐれぇでアキバ系だとぉぉ」
セブン「オタクだな」
サード「ご立派なまでに、オタクでございますねそれは」


ゼロワン「身長2m、外国人、ダス……オタク……」
ロク「オタクじゃねーってんだろ、べらぼうめっっ」



ケータイ捜査官7

・・・・。



ケータイ捜査官7


ゼロワン「……フフフフ」


サード「……ゼロワンは、なにか見当違いをなさっているようですね」
セブン「ゼロワンだ仕方がない」
ロク「オトトイきやがれバカヤロウ!!!」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/126-a945df35