上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
どうやらエライザが気を回したようです




ケータイ捜査官7



ケータイ捜査官7

サード「ようやく片付きましたね」
セブン「うむ、みんなご苦労だった」
ロク「エライザのやつ……外装はつくって中の掃除とか放置かよったく、お陰でくたびれた!!!」
ゼロワン「引越しそばが来てないぞ、サード」
サード「ないらしいですよ、諸事情により、だそうです」
ゼロワン「使えないサーバだな」


ケータイ捜査官7

セブン「ようこそ、諸君。これが新しい我々の部屋だ」
サード「いささか殺風景ですが、今後ワタクシたちが色々やっていこうと思っておりますです」
ロク「まず、床の間だ!!」
サード「あまりムチャをいうと、エライザがヘソを曲げますよ」
ゼロワン「壁紙を黒くしろと、進言したんだが……エライザのヤツめ」
セブン「それはな『ゼロワンが背景と同化して、夜中のオスマン・サンコンになるから駄目だ』と一方的な返答が帰ってきたぞ」
ゼロワン「つくづく使えないサーバだ」



ぴんぽーん♪
サード「おや、チャイムが鳴りましたね。なんでしょうか」

ケータイ捜査官7


セブン「なっっっっ」
サード「なぜ間明さまは、この一件をご存知なのでしょうか?」
ロク「ちょっと待て、てめーら。これはエライザに対するハッキング行為なんじゃねーか?」
ゼロワン「だろーな……あのクソ野郎」
サード「いささか中身が気になりますが……」
ゼロワン「開けるな、どうせろくなことにならん」
セブン「そーだな」
ロク「放置決定だ!!!」

サード「ナマモノだったら困りますね……『天使マヨネーズ社・タマゴたっぷりマヨネーズ詰め合わせ』???」

ゼロワン・ロク「じ~~」


セブン「もしかして、2人がマヨラーになったのは……ハッキングしているアイツのせい……なんじゃないだろうか……」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/129-acaf10e6