上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






1


バディサイトのほうが更新されました。

「ケータイ捜査官7」新展開、
4月17日(金)スタート!


~プロローグ~

ネットワーク犯罪と日夜戦い続ける秘密組織アンダーアンカー。
その技術と情熱を結集して作られたのが、携帯電話型コミュニケーション端末、フォンブレイバーである。
フォンブレイバーは人間のエージェントとバディを組み、犯罪やその芽を摘み取るために活動していた。

フォンブレイバー・ゼロワンは過去にバディを失う悲劇に遭遇し逃走、そしてアンダーアンカーを襲撃するという事件を起こし、自己の解を求めるために様々な犯罪者に手を貸していたのだが、フォンブレイバー・セブンとそのバディ・網島ケイタの働きにより、今ではアンダーアンカーに協力するようになった。

このエピソードはその頃にあった、もうひとつのフォンブレイバーの物語である。


まあ詳しいことは、バディサイトのほうへ。



とりあえず、緊急ヤッツケで申し訳ないが、彼らに語ってもらおう。

ケータイ捜査官7





ケータイ捜査官7


セブン「あーあー。私のテスト中」
サード「パパ、今度交代って誰が来るのでしょうか?」

ケータイ捜査官7


セブン「あーあー。ここは、雷鳥5号(仮)こと、アンダーアンカー所有の宇宙ステーションの中だ。後ろの不審PBはなるべく見ないようにしてもらいたい」
サード「大変やっつけですが制服も着ました。目は……我々は液晶なんで、年中光っていますよ」

ケータイ捜査官7

セブン「どうやら我々は宇宙に出稼ぎに行かなくては行けなくなったようだ」
サード「それだけアンカー株式会社、アンダーアンカーが人手不足ってこと、なんでしょうねぇ」

ケータイ捜査官7

セブン「このカルピスは、我々を支えてくれているスタッフに、ささやかなお礼だ、受け取ってくれ」
ゼロワン「あ、後ろの転がっている日本酒は、なんなんだって? フッ。プライベートだ」


ケータイ捜査官7

セブン「ということで、短いが今後とも我々PBのことをよろしく頼むぞ」
サード「皆様の応援だけが頼りです!!!!」

ゼロワン「隕石とかがぶつかって我々がスペースデブリ……とかにならければいいけどなぁw」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/135-0de05219