上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
どうやらお茶の時間のようです



ケータイ捜査官7

セブン「ロクがソワソワしているんだが、あれはなんでなんだ?」
サード「そろそろ神田祭が始まるからかと思われます。ロクは江戸っ子ですから」
セブン「ロクは江戸っ子なのか……」

ケータイ捜査官7

セブン「先ほど検索して分かった結果なのだが『江戸っ子』というのは、神田川の水で産湯に浸かるとあったが、最初からロクは駄目なのではないのか?」

ケータイ14


サード「たしかに神田川なんかに浸かってしまったら、我々では防水加工のオプションを付けていたとしても長くは持たないでしょうね」
セブン「水は嫌いだ」
サード「ですよねぇ」

ケータイ捜査官7
セブン「江戸っ子というのは『3代以上にわたって東京、厳密には下町に住んでいる者を指す、とあったが……、ロクは3代前から東京に住んでいるのか?」
サード「兄弟であればゼロワンから数えれば5代目ですが、これはちょっと意味が違いますね」
セブン「うむ。仮にラボが東京にあれば……10年前に誕生したと言われている、我々の初期ヴァージョンから数えれば……江戸っ子になるかもしれないが」
サード「それもそうですし、アンカー株式会社のどのラボで、どれだけの期間、製作などでいたかにも関係すると思いますので、一概に江戸っ子とは申しがたいですなぁ」

ケータイ捜査官7

セブン「この話題は、ロクやみんなの前で話すのはやめよう」
サード「左様でございますね。ロクのある意味根幹に関るお話ですから」

セブン「一つ気になったんだが。あれだけ海外にいるロクは、ニセ外人になったりしないのか?」

サード「すでに、ニセ江戸っ子ですからってのは、禁句ですな」


Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/138-a5d70253