上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
PBの男たちが……困っています×2。でお兄ちゃんは奥の手を使うようですが……



ケータイ捜査官7

フォース「あのねあのね、聞いて聞いて」

ケータイ捜査官7

フォース「トーコがね、旅行に行こうっていってるの♪」

セブン「それはよかったな(なんだろうか、この胸騒ぎ)」
サード「それは宜しゅうございますね(なんでしょう、この胸騒ぎ)」
ゼロワン「土産は温泉饅頭でいいぞ(なんだ、この胸騒ぎは)」

フォース「で、旅行用のカートをオークションで落札したの♪」
一同『通販じゃなくなったんだ……いやな予感が』

ケータイ捜査官7

フォース「アンティークなカートなのよー♪」


ケータイ捜査官7

フォース「イエーイ♪ レッツ買い物~、ビギンだ旅行~♪」

ゼロワン「あのな、あのな。フォース、ちっょと……違う気がするんだが。それが似合うのはロクの野郎だ」
サード「ああ。あの子ったら……」
セブン「疎開に出る気か??アイツは」

ケータイ捜査官7

フォース「お土産は、まかだみゃ~ナッツね」
サード「期待しない程度に楽しみにしていますよフォース」

ケータイ捜査官7

ゼロワン「まあ、いってこい」
セブン「これで多少は静かになるか……」

ケータイ捜査官7

フォース「あ、電話だ。もしもーし。トーコ? ワタシー。んどうしたの~? えーーーー聞いてないよーーそんなのないよぉぉぉうわぁぁぁぁぁんっっっ」

ケータイ捜査官7

フォース「トーコが男に逃げられて旅行キャンセルとかいってるよぉぉぉぉぉぉぉぉ、ぎゃぴーーー」
サード「おなじみの展開になってきましたね。桐原様の安否が心配になってきましたワタクシ」

ケータイ捜査官7

セブン「網島家に襲撃をかけなきゃいいいが。ケイタは無事だろうか? メールを打っておくか一応」
サード「ワタクシも、そういたしましょう」




それから数時間、バッテリー切れになるまで大暴れしたフォース。
あんにゃろうに復讐してやるんだー、とか騒いでいましたが。
何度目のことだと、周囲に呆れた顔をされたのは言うまでもありません。
その後、ゼロワンはとある場所に電話をかけました。

ケータイ捜査官7

ゼロワン「もしもし」
????「ただいま、バディとバカンス中につき、電話に出られません。ピーという発信音が鳴りましたら3秒以内に連絡を。もしも、ゼロワンでしたら結構よ。じゃ」


ゼロワン「俺の必殺技……盗むな、セカンド」

セカンド「あら、いたの」
ゼロワン「あのな、お前」

久しぶりのセカンドは、相変わらずな様子でした。



Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/143-e0452b3f