上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
今日は、ゴロゴロ日和



ケータイ捜査官7

サード「ロク。テーブルに足当たってます、お行儀わるいですよ」
ロク「脚なげーんだよw」
セブン「規格は皆一緒だと思うぞ」
ゼロワン「違うな」
セブン「!?!?」
ロク「気分程度でぃ、気にすんなww」
サード「困った人たちですねぇ本当に~」

ケータイ捜査官7

ロク「そいや黄金週間始まるなぁ、おめーらどうすんでぃ?」

ケータイ捜査官7

サード「エージェントのお仕事がなければ、ワタクシは桐原様と魚釣りドライブですよ~」
ゼロワン「……桐原とドライブ……。いつだったか、お前と桐原。田舎をだらーっとドライブしていたら交番オマワリに、練炭自殺者と間違われてたって聞いたぞ……水戸博士からw」

ケータイ捜査官7

サード「水戸博士……言わないでくださいって、あれほどいったのにっっ」

ゼロワン「釣り上げた魚を焼いて食おうとして買い込んだ大量の炭がイラナイ誤解を招き、桐原の気難しい~顔が、道端ですれ違った警察官の目にとまり、ハマーVS警官チャリンコという不毛なバトルに発展。あまりに切々と親切心で人生について熱く優しく諭され、元警官だの実は単なるドライブだのを言い出せず……」

ケータイ捜査官7


サード「あのあの、それ以上おっしゃらないでくださいませんか、ゼロワン」

ゼロワン「しかも、田舎特有のウヨウヨいる羽虫が目にクリーンヒット。不覚にも涙を流しそうになったら、それを見たオマワリさらにヒートアップ。しまいにゃ最後に「頑張りなさい、ハンサムなんだからいいことあるぞ」とか不確定極まりない励ましの言葉までもらい、ただの釣りドライブから自殺しに来た人に大変身。そのままオメオメと帰宅してきたって……それはもう、無様極まりない話を俺は聞いたぞ。ざまぁないな桐原wwww」

サード「言い返せないですっっっ申し訳ございません桐原さまぁぁぁ」
ゼロワン「フフフフ♪」

ケータイ捜査官7

ロク「桐原はつぇーなぁ~。ガンノスケにそんなことあったら、一ヶ月ぐらいはベっ凹んだままだろーなぁ。よくまああんな肝っ玉でよく特殊空挺隊とかやってられたもんだと……奇跡かマボロシかーと思うぜまったく。あいつアニ○イトで立ち読みしていたら、横の女子高生に『怖ぇぇやべぇぇ』とか言われて逃げられて、べっこんで3日泣いてたもんなぁ~なんつーヘタレ、あっしは情けなくて涙でてくらぁ~」
サード「ご同情いたします、ガンノスケ様」
ゼロワン「通報されなかっただけマシと思えwwww」

ケータイ捜査官7

セブン「ケイタはどういう休日を過ごすのだろうか、私は全く予定というのを聞いていないんだが」

ケータイ捜査官7

ゼロワン「ないんじゃないのか、そもそも予定ってヤツが……」
ロク「ねーんだな。毎日元気に出勤してきてるじゃねーか。よーもねーのに」
サード「ノーコメントということで」

セブン「お前たち……ひどい」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/153-2865209f