上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
前回のロクに何が起きたかを聞きたいようです


ケータイ捜査官7

ロク「……気がついたらよぉ。一面のお花畑で……河がねありやして。あっしのジー様とバー様が向こうで、こっちこーいと手招きをしていて……」
サード「それって……アレじゃないですか?」

ケータイ捜査官7

ロク「アレってなんでぇ参の字」
サード「臨死体験かと……」

ケータイ捜査官7

セカンド「サード。わたしたちはPBです。祖父や祖母などに該当する存在はありませんよ」
サード「そうだとは思いますが」
ロク「実にいー場所やした。充電し放題。バリサン、パケット代無料、ありゃ極楽ってヤツでやんすよ」
サード「実に危ない思考かと思われますが~」
セカンド「違う意味でも危ないわよ」

ケータイ捜査官7

サード「電脳バ◎サンを炊いたときにですね~お部屋のところに張り紙なさいましたかセカンド?」
セカンド「え?」
ロク「記憶にねぇんだけど。電脳バル◎ンは特定のプログラムを強制的削除するツールでやんすよ。あっしらのAIにも実にちけぇぇぇぇプログラム、ありやすからねぇ。おっちぬ可能性もまあまあありやすね。あっしは生きてますが、なにか?」
セカンド「え?」
サード「まさか、セカンドに限ってね~」

ケータイ捜査官7

セカンド「え?」
サード「どうかなさいましたかセカンド」

ケータイ36
セカンドのラムダ内に鳴り響く、あのテーマソング。
『バディ探偵・シリーズ 美人秘書美作千草のケータイ事件簿 
バディケータイひとり旅ゆきずりバスツアー殺人事件 充電プラグは死の暗示』


セカンド「……。」
サード「ど~しました?」
セカンド「……。」

ケータイ捜査官7
セカンド「殺人犯は、もう逃げられないと悟ると動機を語るが、その内容は身の上話から始まって実に詳細であるのよ!! どんなに名探偵と言われていても解決するのは、ほとんど死んでから!!」
サード「……なんのお話でしょ~か、セカンド」
セカンド「ここには崖はないから、船越英一郎は絶対来ないわっ」




ケータイ捜査官7

ロク「二時間ドラマやすか……勘弁してくだせぇ。姐さん」
サード「で、最初の質問に戻りますが。セカンド。張り紙したんですか?」


なにげにサードはプチ意地悪です。

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/164-4a95ec99