上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
ロクがなんか拾ってきたようですが


ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ロク「いきなりでなんなんでやんすが、夜散歩していやしたら……あ? お前はゼロワンか? んなヤツと一緒にすんな! てやんでぃ。まあ、上から、こードサーっとこのノートが空から落ちてきたってことでござんして……」
スピーカー「ウ……ドンドコドーン」
ロク「え? 嘘だそんなことー! いや本当なんすよスピーカー」
グラインダー「チャーン♪」
ロク「拾い物は食べちゃだめって……ノートは食い物じゃありませんぜ」

ケータイ捜査官7

ロク「はっ!! これやもしや。大昔に少年たちが憧れたあの伝説の『なんでも書いたことが叶う』ノートでは!!!」
スピーカー「……キミハタダタダ」
ロク「君は手を出すな!って、拾ったものは、あっしのものでやんすよ」
グラインダー「チャーン♪」
ロク「まずは、ロト6で当たるように書けって……グラインダーはどんだけ夢がないんすかねぇ~」

ケータイ捜査官7

ロク「なんか……ルールみたいなものが……書いてあるような、ないような……。むーん……めんどくせぇ、無視!!」
スピーカー「パンツハワタサン!」
ロク「なに?渡さないって……スピーカーは何がしたんでやすか?」
スピーカー「オデノカラダハボドボドダ」
ロク「……水戸のじーさんに見てもらえよ」
グラインダー「チャーン♪」
ロク「あのよぉ、グラインダー。マークシートは全部塗っちゃいけねーんだぜ」

ケータイ捜査官7

ロク「他のヤツに使われちゃーたまったものじゃねーから……」
キュキュキュ

フォンブレイバー 六

ロク「っと……名前を書いておきやしょう」




ハト140秒以後ハト1

ケータイ捜査官7
ばたっ

ケータイ捜査官7
グラインダー「チャーン♪」
スピーカー「ウェイー♪」

ロク「夢帳面ではなく……死招き帳面でやんしたか……おっ同じ少年ジャンプなのに……ぐふ」


Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/165-4142b815