上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
あのトリオにされたくないトリオがお茶の間に集合です



ケータイ捜査官7
セブン「あ……そこそこ……」

ケータイ捜査官7
セブン「昨今のアイディア耳掻き戦争色々あれど、やっぱり耳掻きは、竹にかぎる。うむっ」

ケータイ捜査官7
サード「ああセブンっいけませんってば。いくらブーストフォンの着身箇所が気になるからって、そういじっては駄目ですってばぁ~」

ケータイ捜査官7
セブン「ホコリや砂が入って気になって仕方が無いんだ。最近ではうめぇ~坊のカスまで……まったく」

ケータイ捜査官7
サード「お気持は重々察しますけど~、ここは水戸博士や森下研究員あたりに、エアーを吹いてもらったほうがよろしいかと」

ケータイ捜査官7
セブン「あのプシューが嫌いなんだ、プシューが」

ケータイ捜査官7

ゼロワン「フッ、お前はハエか?」


ケータイ捜査官7
セブン「黒いヤツに言われたくないんだがな」
ゼロワン「うるさい、ヘタレめ」
サード「あわわわわ、おやめ下さい二人ともぉ」

ケータイ捜査官7
サード「ところでゼロワン。お出かけですか?」


ケータイ捜査官7
ゼロワン「ただの身だしなみだ。スーパーハード♪ルルル、ルルルル~♪スーパーハード♪」
セブン「おっおっきいのが取れたw」


ケータイ捜査官7
サード「色々よろしいのでしょうか? ワタクシは大変に不安でございます~」


Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/193-c9cb29f2