上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
サードがアレコレ始めたようですが


ケータイ捜査官7

セブン「ほう、梅干か……ずいぶんと凝ったなサード」
サード「それほどでも……ありますよ~」

ケータイ捜査官7
セブン「なっっキュウリの栽培までっっっ一体いつの間にっっ」
サード「エライザ内に小さな家庭菜園……みたいな、まあ可愛いものですがやってます~どーです、スゴイでしょ。梅干にぃホカホカご飯……最高だと思いませんか?」

ケータイ捜査官7
セブン「異次元に……すごいな」
サード「それどういうことですか?」
セブン「言葉の通りだと思ってくれ」

ケータイ捜査官7
ロク「おっキョーデェ!! なんでぇ梅干とご飯と……それ……キューリか??」
セブン「それがどうしたのだロク」
ロク「いや……ちょっと……キュウリは……駄目でやんす」

ケータイ捜査官7
ロク「実はです。ガンノスケの野郎のお婆様は……祇園祭をやっている八坂神社の氏子だったりするんですよ~」
セブン「え? 江戸っ子だと聞いたからてっきり……神田明神かと」
ロク「神田明神はガンノスケの野郎のむかーしの下宿先がお膝元でした」
サード「だからヲタク……ゲフゲフ」

セブン「いま検索をしたのだが『祇園祭の最中のみ食さない』とあるが」
ロク「そーなんでゲスが」


ケータイ捜査官7
ロク「そっそれがでゲスね、今ガンノスケの野郎の住んでるアンカーの社宅……将門さんのご近所なんですよ~」
セブン「たしかに将門公に配慮し、将門の紋所(九曜星)がキュウリの輪切りに似ているのでキュウリは輪切りにしない……って話は検索して出てきたが……」

ケータイ捜査官7
セブン「ようは、キライなんだろう?キュウリ」
ロク「だって……ソレ緑の棒じゃないすか」
セブン「好き嫌いはいけないぞ」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/201-1ccd3a24