上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
ロクとセブンが今日もダラダラしていますが



ケータイ捜査官7
セブン「すっかり野菜生活になってしまったな……ロク」
ロク「まっそのうち参の字も飽きが来るっと……思いてぇ~ですなぁ、くーーー寿司くいてーーー」
セブン「だな」

ケータイ捜査官7
セブン「このトマトの青臭さが……なんだか鼻についてきた……スキヤキが食べたいな……」

ケータイ捜査官7
ロク「あっしはまだ最終兵器「マヨネーズ(カロリーハーフ?は?うまくねーだろねふつーのヤツだよフツーの!!)がありやすっっ」

ケータイ捜査官7
セブン「だが、きっとそれに手を出したら帰れない道を歩むことになりそうでな」

ケータイ捜査官7
ロク「なにいってやんでぇ、七の字!!! うめーものはうめーんだよ!!分かったかコノトウヘンボク!!」

ケータイ捜査官7
セブン「あんまりだ……タダでさえたんぱく質不足で……元気でないのに……」


ケータイ捜査官7
ロク「この『やふれ』ですがね、コイツ一匹で飼育されているじゃねーですか」
セブン「そうだな、このチャボには今兄弟はいないからな」

ケータイ捜査官7
ロク「基本、鳥類……とりわけ図体のデケー鳥さんは、人の嫌がることを率先してやることが大好きで、特定の人が大好き、後の人間はゴミカス以下な……正直ドSを超えた超どSなメンタリティを有しているでゲス」
セブン「そうなのか???」
ロク「個体によって若干の性格の違いはありやすが、根底の……神様が決めた性格設定は大体一緒らしいでやすよ」


ケータイ捜査官7
ロク「仮に……このやふれが、なにかイタズラをするとしやしょう……大抵止めやすね?そうすると鳥さんはぁ……

『注目あびまくりー、よーし張り切ってやっちゃうぞーーー、困ってる人間チョーおもしれー!!』

な……気持らしいでゲス……」


セブン「それ……愛玩生命体としてどうなんだ?」


ケータイ捜査官7
ロク「その辺が鳥さんの面白いところで、基本飼い主との関係は『恋人同士/夫婦』にちけぇという学者もいやす、鳥類側は飼い主以外はすべて恋のライバル以外のなにものでもない、だから飼い主以外になつかない生体が物凄く多いんでやすよ」
セブン「ほぉ、それはユニークな生態だな」

ロク「もっとも……知能が物凄く高い鳥類なら……まぁあれなのでやすが、飼い主以外の人間……分かりやすくいうと、飼い主はダンナで、その女房は飼育に参加していなかった……とすると、鳥類のライバル対象は奥さんとなりやす」

セブン「ふむ」

ロク「で……奥さんが、ダンナの居ない隙にセッセとその鳥の面倒をみたら……どうなるとおもいやす?」
セブン「まさか……」
ロク「ライバル対象が、ダンナにシフトするんでやす……」

セブン「なな、なんと!!!」

ケータイ捜査官7
ロク「ゆえに適度なサイズを有する鳥類を飼育する場合……家族全員総がかりで面倒をみて鳥さんをアイドル化させるか、他の家族は参加しない飼い主だけとのイチャイチャ・パラダイスを形成させるか……が鳥さんからの噛み付きや飛び掛りキック攻撃をかわす唯一の方法……ともいわれていやす。……破壊工作は……正直止めるのは難しいですがね」


セブン「で、お前は今なにをやってるんだ……ロク」


ロク「その面白れぇ~学説(定説)がホントかどーか試してみたくなったんでやす!!!がはは!!!」


ケータイ捜査官7
セブン「ロクの興味は……なんと幅が広いのだろうか……私もなんらかの趣味を持ったほうがよいのであろうか……」


Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/208-0cda5559