上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
久しぶりに、セブンとロクの会談ですが



ケータイ捜査官7
セブン「しまった……ネタがない……」
ロク「あーーーだから、セットがいつもの机じゃなくてダンボールなのかぁぁぁぁ」
セブン「あれはお前主催のコーナー『ロク! この部屋』のことだろう。別に今日はそのコーナーではないではないかっ」
ロク「あ、忘れていた……すまんすまん」



ケータイ捜査官7
セブン「では、あまり気が進まないが『エライザのライフワークであるデータ収集「テレビでは放送そんなにできねーだろwなニュース」』について……」

ロク「え、それ……やばくねーか?」
セブン「超ヤバだ。エライザはネットが始まってから今日まで、地味にそういう活動はかりやっている。取引先の相手との会話で『天覧試合について』なんて項目が出たとき……70代の老人よりも詳しかったのに誰も不審に思ってくれないんだ……と嘆きのあまり勝手にデフラグをかけてきたぐらいだ……ちなみに、最近の流行は全く分からないそうだ……」
ロク「相変わらず、アタマがオカシイことこの上ないサーバだな……ありゃぁ」

セブン「うむ、まあ君たちは聞き流すだけでいい……かもしれない」




「中国産」→「外国産」"など、一部食品の原料産地で「外国産」表記を容認する方針

生鮮食品や一部の加工食品は原料の産地の国を表示することが義務づけられていますが、
 農林水産省と厚生労働省は、季節によって産地が変わる材料を使っていて、国の名前の表示が
 難しい場合、「外国産」という表記も認める方針を決めました。

 これは農林水産省と厚生労働省が、食品関連業界や消費者団体の代表などを集めた
 共同会議で意見を聞いて決めたものです。食品の産地表示は、生鮮食品のほか、
 タケノコの水煮やウナギのかば焼きなど比較的加工の度合いの低い24種類の食品に
 義務化されており、「国産」のほか「オーストラリア産」や「中国産」などと国の名前を表記
 することになっています。

 この産地表示を義務化する食品を増やすことが検討されていますが、産地が季節や月ごとに
 変わる材料を複数使っている場合などは正確な表示が難しいという指摘もあることから、
 共同会議で対応を協議しました。
 その結果、国の名前の表記が難しい場合には「外国産」という表記を認める方針を決めました。
 委員からは「現在、国の名前を書いている食品も『外国産』という表示になってしまわないか」
 といった意見が出されましたが、農林水産省の担当者は「現在のルールで産地表示できない
 食品に限りたい」と説明していました。

 この方針は一般からの意見を聞いたうえで、来月には正式に決定し、適用する食品については、
 今後発足する消費者庁で議論される予定です。

そーす

ケータイ捜査官7
セブン「これは民法各社が全く取り上げなかったニュースで、かつNHKも地味にスルーしようとしているニュースだ」
ロク「どーいうことで? 七の字」
セブン「一言でいうと食品に記載される国名がすべて外国産という表記でもOKということだ」
ロク「ああぁん? なんじゃそりゃ?????」
セブン「消費者庁なのに、消費者ではなく、某赤い色をした生産国のほうしか見ていないと、エライザはただいま抗議活動真っ最中だ」
ロク「つまり……おいおい。「生産国が消費者には分からないようにして買わせる」って国がいってるのか???」

ケータイ捜査官7

セブン「そういうことだ、超ヤバではなく劇ヤバだ。今までのように特定の国のみをスルーするという全国のお母さんの自己防衛行為が全く出来なくなってしまうわけだ。お腹をすかせた家族に与える家庭の食事で農薬+なんだか分からない物質による死亡事故なんてことが……あるかもしれない。で、消費者庁はそれを今、推奨しようとしているのだ」
ロク「おっ恐ろしい……やべーじゃねぇぇか」
セブン「だから、いまエライザがやる気になっている。そーいうことばかりしているから変なエラーがでるとしかいいようがない」


ケータイ捜査官7
セブン「マンナンライフの一件で、群馬および長野周辺のこんにゃく畑に壊滅的打撃を加えたのでは飽き足らなかったようだ……消費者庁」
ロク「エライザは人の10倍は食いしん坊だからなぁ、ありゃ」
セブン「たしかに欧米諸国、とくに最も安全コードやら規定がウルサイといわれるフランスではコンニャク系の凝固剤による菓子の製造、販売は禁止にはしている。ついでに会社側は散々報道も含め努力はしてきたのだ。それが不憫でならないと」



ケータイ捜査官7
ロク「児童ポルノも含め、いまエライザの検索項目の上位がこれでげすな」


TBSが本気を出した!日韓友好企画「熱韓」、新番組「美味しい韓国」、チャングム再放送など企画目白押し

韓国の食や文化を紹介する日韓友好企画「熱韓(あつかん)」(TBSテレビなどの実行委員会主催)が30日始まった。韓国ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」をTBSテレビで7月21日から再放送するほか、全国の韓国料理店にポスターを張るなど日韓友好をPRする。

 東京・赤坂のTBS前の広場には7月6日まで、ドラマで放映された宮廷料理が食べられる「チャングムレストラン」を開設。レシピの展示やグッズ販売も行う。

 初日の記者会見にはドラマに出演した韓国女優、パク・ウネさん(31)が登場。「韓国の文化やグルメにいっぱい触れてください」と笑顔で呼びかけた。

TBS、視聴率低迷…「ドラマ再放送枠」を新設、韓流ドラマで巻き返し狙う


TBSは3月末、苦戦が続いていた平日の午後に生放送の情報番組を大幅に増やす大規模なテコ入れを実施した。しかし、ここ数年5~6%で推移してきた平日正午から午後6時までの平均視聴率(関東地区)が、改編後2か月の調査では、3・5%とさらに低迷する結果に。

中でも3月末スタートの目玉番組だった4時間の生放送情報バラエティー「ひるおび!」
(月~金曜前11・00)が誤算だった。レギュラー進行役を務めるタレントの恵俊彰に
加え、日替わりで高橋克典ら4人の男優が登場し、ニュースからグルメまで多彩な
情報を伝える。“アラフォー(40歳前後)”の女性層を意識した構成だが、放送時間の
長さから、メリハリを欠く弱点も指摘されていた。

先月末の定例記者会見で、石川真実常務は「苦戦が続いている」と認めた上で、
「これまで、午後1時台に40年以上もドラマを放送していたため、視聴者に新しい
番組を認知してもらいにくいようだ」と説明。早々と改善策を講じることを明らかにした。

ケータイ捜査官7

セブン「どうやらTBSは死にたいらしい……深夜枠にやっていた評判のいい台湾版『花より男子』を勝手に打ち切って、評判劇悪な韓国版をいい時間帯に放送しようとしているのだ。韓国女料理人にいたっては、何回目だと……」
ロク「たしかに、血迷ったのか……」
セブン「テレビ局側は『昔の名作ドラマ<半島ドラマ』を選んだ理由が『DVD売れなくなるじゃないか』って理由が最大のアレらしい」
ロク「よーはCSを見ろといいたいんでやすね」
セブン「エライザのような変態とは違い……一般人でも最近文字通り『嫌韓』がジミジミ広がりつつある」


ケータイ捜査官7

ロク「見た目がアレな半島俳優+歌手大プッシュ、視聴者『誰???』のアレや、話のはしはしの半島プッシュ発言やら……しまいには……北がワールドカップに出場できましたって大喜びする始末……昨日やつらミサイル2発撃って来たぜ、そのうち日本海のエチゼンクラゲが超巨大化でもするんじゃねーのか??」

セブン「世の中テレビや新聞が全ソースではない、ネットだって当てになるかなんて我々にもわからない」
ロク「まあたしかに」


ケータイ捜査官7
セブン「ハッ……物凄いことをダラダラと話してしまったっっっ」
ロク「視聴者ドンビキじゃねーーか七の字っっっっ」
セブン「ま、よっぽどエライザは不機嫌なんだろう、ここは大陸や半島の閲覧も実は相当数ある。けど、不機嫌なんだろう、きっとそうだ」
ロク「コッチに許可無く、電脳バルサンとか焚くのは、勘弁なっっっ」



Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/213-e51d3a8c