上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 神山修一
監督 麻生学
視聴率 2.6%(関東地区)

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7





古生代ラノベ作家VSケータイ小説女子高生

7
御堂さんがいかにも「獲物発見」といわんばかりの顔でコッチ見てます。

7

きっと隠れているつもりだと思われ。

7

世の中一部でケータイ小説が流行っているらしいですが、小生、一度も見たことないです。

ケイタは、一時期ケータイ小説にはまっていたらしく(読んで泣いていたそーな)、御堂さんに突っ込まれています。
突っ込む原因は「私が書いたケータイ小説読んでー」
だそうです。

7

「泣けるよー明日までに感想よろしくー」
って……大変そうだ。

7
7
プロの作家・甘木豊二郎のカルチャースクールに参加。どーやらやる気はモリモリな様子。

7

センセイのいうこと全部に解説をいれるケイタ・ママ。
どうやらママは、文学少女だったよーだ。

7
万年筆で手書き派VSケータイ横書き派は平行線。
……にしても石橋蓮司さんに戦いを挑んで怯まない御堂さんの中の人は偉いなぁと。

7

ボー読みで読まないでくれ……セブン。
破壊力満点だ。

7
ケータイ小説サイト「乙女の涙の泉クラブ」のオフ会の喫茶店で。

7

クレイマーのような作家先生。

7
女子たち聞く気すらありません。

7
ママさんは変なところに火がついて昔大好きだった小説引っ張り出して読書。
家事放棄しています。



7
センセイは、文学は死んだのなんだのいって、居酒屋でやけ酒モード

7

ゼロワンさんはどんな困っている人も、見逃しません。
どんなアンテナが「バリサン」状態なんだか……。

7

御堂さんの投稿しているケータイ小説サイトがなんだか怪しいことになってます。

7

公文書や企業のサイトが文語文に。
このウィルスはどんどん拡大を広げている、ついにアンダーアンカーも乗り出した。

7

桐原さん「ケータイ小説はお前に任せた」
……完全にバカにされてるし。

7

セブンってこーいう崩した座り方、できるのね。

7
7
ママが若い頃大好きだった明日川先生の「号泣先生」
文章化けまくりのケータイ小説をスラスラ読むママ。
「御堂さん、早速先生の授業の結果が出てるみたいね……でも盗作は良くないわ」

7
ママのいう言葉が、この呪いのようなテキスト化けウィルス駆除のヒントになったようです。

7

この事件の発生地は例の「乙女の涙の泉クラブ」と判明。

7
ケイタ「作家っぽい家さがせよーー」
……なんてムチャい注文。

7
センセイはパソコン使っても、ペンタブで手書き派とのこと。
パソコンは使うのか……。原稿用紙うんぬんいってたじゃん。センセイ。

7

二手に分かれて。セブンさんは抜き足差し足で移動。

7
7

センセイ「ゼロワン君の言うとおりだ、白いケータイがやってくると!!!」
セブンが壊れるぅぅ。

7

「だからお願いだから離してやってよ! ソイツは俺の……友達だから」

7

ケイタ「自分の小説読んでくれないからムカついちゃったんでしょ? センセイの小説読んだよ、難しくて、頭痛くなったけど。でも御堂たちが書いているケータイ小説と大して変わらないじゃない、センセイの小説……全然古くないよ」

7
7
センセイになんかやる気が出てきたみたいです。



その後事件も無事解決となり。
7
「センセイの小説チョー泣けたぁぁぁ」
……センセイ、なんか……混じって馴染んでるし。

7
ケイタはちょっと複雑です。
Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/23-789185a9