上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
テーブルの上になぞの物体があったのですが、増殖しましたね


ケータイ捜査官7
セブン「ぬぉぉっっ」
サード「ひぃぃぃぃっっ」

美和子
※参考画像

ゼロワン「……美和子スペシャルのレシピでも公開されたのか?」

ケータイ捜査官7
セブン「中国大陸の汚染物質にまみれた川のようだ……」
サード「それはあんまりかと……」
セブン「だったらお前はコレを食べる勇気があるのだな」
サード「滅相もないっっ、ささセブンどうぞ♪」

ケータイ捜査官7
セブン「お前はたまに意地悪だな」
サード「そんなぁ~」
ゼロワン「そもそもコレは一体なんなんのだ?」
セブン「フォースが作った『ボルシチ』らしい。本人曰く『サワークリーム入れすぎちゃった♪ エヘ☆』だそうだ……明らかにシアン化合物ぐらい混入していそうだが」
サード「これはサワークリームとかではありませんねぇ」
ゼロワン「そういう問題ではあるまいて……」
3人「「「あーあー」」」

ケータイ捜査官7
セカンド「皆様、ご安心を!!」
セブン「セカンド!!」
サード「なんなんでしょうねぇ~、この物凄い安心感は」
ゼロワン「お前になにか策があるのだな」
セカンド「もちろん。私ゼロワンと違いますから」
ゼロワン「どういう意味だお前」
セカンド「言葉通りです」


ケータイ捜査官7
セカンド「味覚の8割は『嗅覚』で認識しています、ですから嗅覚の問題を解決すれば平気だと私は結論付けました!!! はい、ゼロワンどうぞ」
ゼロワン「……結局、オレに振るのか……」
セカンド「長兄の勤めでしょうに」

きっ効くのか、ファ○リーズ!!!

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/289-bde7cdd8