上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






豊洲2

豊洲イベントのレポート、トークショー編その①をお届けいたします。
あ、このネクストは当日ネクストを購入されて、くじ引きにて当選された、「心のキレイなお子様」が引き当てたサイン入りのネクストです。

やはりどのくじ引きをみても「お子様」は強運なのだ。
我々のような濁った生体ラムダチップを持ったやつには幸せはやってこないようである……w




先にお断り。
どーも軟禁半日のあまり頭がもんやりしているので「時系列が激しくズレていたり、色々違ったりするかもしれません」あらかじめご了承ください。

で今回トーク編①は、第1プログラム『宇宙ウイルス』第2プログラム『ケータイ死す』編をお届けいたします。


トーク①関、来襲
……ある程度は知っちゃいた(天空のエスカフローネ)の時代から「関智一=えろひ人」というのはある程度は知っていて……んである程度覚悟はあったが……。予想以上だった。
正直……「おげふぃん」だ。
お子様がネイトの予想以上に「視聴している」この問題アリアリな『あんだ~あんか~倉庫』で関氏発言を書いていいのか……正直……悩んでしまう。
たまに……「野に放すな」というタイプな人がいるだろう……まさに……それだ。
最初の頃はよかったが「おげふぃんな下ネタ」が繰り返されるたびに……笑いが失笑に変わる場の雰囲気というのは恐ろしく、ファン率60%以上が女子で構成されているであろうケータイ捜査官7で……をいをぃと……おもった事幾数度。あえて……お子様が見ているこのサイトで「テキストは起さない」という方向で許してください。

トーク②ネクスト的後付設定
実は……PBネクストはそーとー前からいる設定になっていた!!!
……むろん後付設定というヤツである。
32
#32 宇宙ウィルス から

GREAT SEEKER(グレイトシーカー)39話以前にもチョコチョコ出ているアンカー所有の衛星。
その中に「実験用宇宙ステーション的施設」が入っていてそこにネクストとアクセルデバイスたちは生息している。ということになっている(無論後付……まあ金のあるんだか無いんだかよく分からないアンカー㈱が新規に衛星上げたとか考えるほうが……まあ不自然だわな)

スタッフさんがその衛星写真を出してくれて(サービスいいなぁホント)
関「あ、ここですね。この窓からネクスト手ふってますよー、見えますか?」
関「宇宙ウイルスの時、データがどーんってやってきて、きっとボーっとしていただろうネクストは大慌てして声を上げたんです、喋ってます! 叫んでます!ワワワーって(むろんないがw)」とか
関「『ケータイ死すの時に写った衛星に』ボクいますから、きっとこのときも傾いて大変だったでしょうねぇ~」
……どーやらネクストは、衛星上からPBたちの活躍を見ているんだか、サボってんだかって感じらしいw

トーク③声優的PBの愛のカタチ
Q,もしも……バディが自分のバディ以外の人と組むことになったら?
女性キャラ編
ゼロワン(坪井氏)「ケイタのお母さん」
セブン(河本氏)「アキラちゃん(厳密には、アキラちゃんの中の人w)」
サード(川島氏)「ゆうりちゃん……かなぁ。気が合いそう」
ネクスト(関氏)「ハリケンジャーが大好きだったから支倉さん!!」

ならメンズは??
サード(川島氏)「桐原様以外ありえません!!(きっぱり)」さすがサード……浮気はしないw
ゼロワン(坪井氏)「オレ、バディいないし死んでるしw いないしw ケイタもいいけど……マギラ? あれはバディじゃないし(色々突っ込まれるが「バディじゃない(と、きっぱり否定)」)うーーん。伊達かなぁ。ものすごぉぉぉぉーーーく悪いことを一緒にやるんだ♪
セブン(河本氏)「あえて……というのであれば、桐原。理由は『楽ができそう』(あくまでセブン目線で)」
ネクスト(関氏)……すまん忘れた。仮に作品外の人であればと聞かれたら「伊藤四郎さん」と答えていました。

トーク④声優的アテレコ秘話?

32
ゼロワン(坪井氏)「『#32 宇宙ウィルス』の「誘導中、誘導中」ってやつね、一個撮ってリピートとかじゃないんですよ。ずっと言ってるんですよ。実は。で、あんまり同じこと言ってるから途中でワケ分からなくなっちゃってw で、途中の「ゆゆゆゆゆ、誘導中」も生なんですよ。見た目ハイテク、実はアナログなんです」

セブン(河本氏)「ネクストで、セブンとナレーション一緒にやっているから大変。(どっちが大変?と聞かれたら)どちらもです」と答えていました。

32
サード(川島氏)が『#32 宇宙ウィルス』終わった直後の挨拶で

サード(川島氏)「スイート・ルームを予約しましたサード役の川島得愛です」
と挨拶していました。
サード(川島氏)『#32 宇宙ウィルス、にて』「あの「前原がんばれ!!」付近はアドリブではありません。脚本にそう書いてありましたから。見たとき『お子様に分かるか心配』になりましたが……」


トーク⑤声優的アテレコ秘話、アドリブ編
ゼロワン(坪井氏)「アドリブねぇ……ネクストのアテレコの時にいろいろ考えていくんだけど、結局『丸C(著作権的意味合い)』でNGになることが多いですね。『赤いマフラー』のネタとか色々その場で入れたりするんですけど……(むろん内容は分かるはずもなくw)」

で結局その場のアドリブでOKになった代表的なものが、

ゼロワン「水戸博士はおじいちゃん……」
↑本当はお父さんだったようなのですが、その場でおじいちゃんになったとか。


好き勝手やってるように思われるが、かなり「脚本どおり」な内容なようです。ケータイ捜査官7

トーク⑥喪主の挨拶
『ゼロワンの解』直後のトークショーにて、一番最初に挨拶することになったサード(川島氏)。

あとで書く予定だが、『ゼロワンの解』→『明日未来』のコンボは正直……
死のロードというべきか、なんとも会場中がお葬式一色で、恐ろしくとんでもない雰囲気だった。
皆さんのご想像以上でしたよ、場の空気……。
サード(川島氏)「本日は、ゼロワンの葬儀にご参列くださいまして真にありがとうございます。故人も草葉の陰から喜んでいるかと思います……」
と一発かましてくれたおかげで、なんというか場全体が深呼吸できて大変ありがたいものでした。
ゼロワン(坪井氏)「俺のラムダは残っているから死んでないもん、絶対!!!」
と、坪井氏的には、GENEの肥やしになってしまわれたゼロワンは「生きている」と確信しているっぽい。
まあ確かに。物理的意味合いではゼロワンのラムダチップは消失していないから、もしかしたら……はあるのかもしれない。

トーク⑦それぞれの死に様へ
サード(川島氏)「電車のシーンは、放送時に初めて知りました。本当びっくりしました。アテレコ時あったのは『桐原様のバックミラー越しの絵』程度で、あれはなかったもので……」
後の4回目、桐原役/松田氏も同様に大いに驚いていたようだ。
サード(川島氏)「本当に……よくできたお別れだと思います」

サード(川島氏)「サード生き残りという案もあったようです。僕の想像では……ウイルス恐怖症のサードがあの時のように……ある種、卑怯な方法で生き残りしちゃうんではないかという予感もあったのですけどね」



セブン(河本氏)「うわさでは「どちらかが死ぬ(セブンorケイタ)」ということにはなっていたので……ケイタは自分が傷ついても、他人(世界)は傷つけたくないというのを最後まで……あれでよかったと思っています」

ゼロワン(坪井氏)「ある意味、ハイテクでネット世界の住人のようなPBが肉弾戦で果てるというのは……正直どうかと思いましたが。(坪井氏的ゼロワンの最後の予想は電脳戦で果てるようだった、ようだ)ゼロワンにはバディがいませんし、誰にも見取られぬことのない最後というのもらしいと思います。……カッコイイ最後だったでしょ?」

トーク⑧キレイなお姉さま怖いんですw
バディうんぬんというときに、
「ゼロワンには美作いるじゃないか」というのもありましたが。

ゼロワン(坪井氏)「だって美作部長、怖いじゃん」
ゼロワン的には怖いお姉さまは苦手というか、なんというか。
……セカンドも「怖くて苦手」らしいw


さて。今後セカンド、フォース、ロク……ファイブの出番はあるのでしょーか。
トーク編②に続くっ

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/300-8ac0f1cf