上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






豊洲イベント




先にお断り。
どーも軟禁半日のあまり頭がもんやりしているので「時系列が激しくズレていたり、色々違ったりするかもしれません」あらかじめご了承ください。いかんせ脳内記憶100%ゆえ……

で今回トーク編?は、第3プログラム『ゼロワンの解』第4プログラム『明日未来』編をお届けいたします。

トーク①フォースがやってきた

フォース
3回目から、関氏に代わりゼロワンの中の人とか色々な人の圧力?wにてフォースの中の人こと後藤沙緒里さん登場。
「フォースでぇ~す♪」
の声に、会場中がメロメロになっちゃう。そらなるわ……。つかどこから声を発しているのだろうと思うぐらいかわいい声なのだ。(見た目も小さくて可愛い)
フォース(後藤氏)「お仕事が決まったとき、家族がとても喜んでくれたのを覚えています。自分も家族も飛び飛びですが(録画)見ていましたので」
ゼロワン(坪井氏)「ヘキ◎ゴンとかみていたの?」
最初意味分からず、少し後に気がつき、
フォース(後藤氏)「その時間はテレビみてないので……たぶん仕事とかしてますね」

トーク②脚本にはありませんでした
21話 黒い過去から初登場となったフォース。実は……

脚本の中にはフォースのセリフはなかった!!!
フォース(後藤氏)「脚本にセリフなかったんですよ」
セブン(河本氏)「はい……確かにありませんでしたね」
フォース(後藤氏)「その場で決めまして……「ゼロワンが歌歌ってるから、歌ってみては?」みたいな感じになって歌ってみて……」

トーク③キラキラで可愛く
フォース(後藤氏)「皆さんが変身? ……ちゃ着身ですか。すみません。あれするじゃないですか。いいなーって思うんですよ。もっとフォースが活躍できる機会があったら、なんかキラキラっと着身してみたいですね♪」

一瞬デモリッションやアナライザーをキラキラ着身したフォースが思い浮かび、即効記憶の奥からもみ消したのは言うまでもない……。

ゼロワン(坪井氏)「キラキラなんだ……フォースは可愛い担当だものね」
フォース(後藤氏)「可愛いじゃないですか、可愛い担当です」
司会だったか、誰だったか忘れましたが、「じゃゼロワンの担当は?」
ゼロワン(坪井氏)「萌えです」
……自分でいっちゃったよwwww

1回目か2回目のときにサード(川島氏)が
サード(川島氏)「サードはすっかりキレキャラになってしまいましたが……」といっておられました。


ゼロワン(坪井氏)「女の子担当なんですよ、フォースは。可愛いし、可愛いし」
誰だったかな「セカンドも女の子ですよ」と
ゼロワン(坪井氏)「だって……セカンド……怖いじゃないですかwwwww」
……厳密にいうと多分……セカンドの中の人こと勝生氏。
どうもゼロワン的には「できる女タイプ」は天敵のよーで。

トーク④トーコ大好き
フォース(後藤氏)「最終回でフォースが、最初にトーコの心配をしてずっとトーコ大好きなままあの状態になってしまって……」
ゼロワン(坪井氏)「なんと申しますか……厳密にはGENEとゼロワンなんですけどね、あれやったの……本人目の前にして……いうのもなんですが。フォースがあーなった原因もゼロワンだし……」
セブン(河本氏)「……悪いやつだな……」
ゼロワン(坪井氏)「だってゼロワンだし」

トーク⑤桐原様がやってきた
4回目から特別ゲストで桐原さまの中の人こと松田氏登場。
あの声で言うのだ。
サード(川島氏)「桐原さま~!!」
髪の色がクリーム色を濃くしたみたいな色になってました。なんかあるのでしょうか。
桐原→サード(川島氏)と並んで立っていてお二人ともひょろりと背の高いハンサムさん。
静かに横で受け答えするサード(川島氏)がなんとも……本物のバディのように見えました。
で、たまに松田さんとはいわず「桐原様」と呼んでいました。


トーク⑥サードの最後

桐原(松田氏)「最初は車のフロントガラス越しにあのサードとの通話のシーンを撮る予定だったのですが、三池監督から「バックミラー越しに撮るから、あの鏡の中だけで演技してくれ」といわれたんです。最初驚いたのですが、大成功だったと思います」

45
桐原(松田氏)「まさかあのシーンが電車とは……しかもその前サード茶ー正座して啜っていたでしょ。その後目玉ころろーんで……テレビ見てひっくり返りました」
桐原(松田氏)「何はともわれ、あのラストには満足しています」とのこと。

トーク⑦ボクのところにも苦情がw
桐原(松田氏)「もう放送が終わって半年以上経つのに、こうやってイベントを開いていただいて、これだけの人が集まってくれて……どういうわけだが僕ほうにも「チケット手に入らない」といわれw うれしい限りです、ありがたいです。ボクはいつでもイベントに呼ばれたら行く準備はしますからいつでも呼んでください」
彼のいままでの行動を見るに……本気であろう。素晴らしき番組愛。

トーク⑧作品は消えない
桐原(松田氏)「こんだけの人たちが『ケータイ捜査官7』という番組をみて覚えて好きでいてくれる。視聴率とかあるけれど、好きな人がいないと過去のテレビ番組という存在は消えてなくなってしまう……だから好きでいてくれることに、記憶に残るということに、とても感謝しています」
みたいな内容だった……かな。とてもいい内容だったのに、記憶があいまいなのが物悲しい。
とても作品愛している桐原様こと松田氏。
本気でいつでもやってきた松田氏。
ほんと……いい人だw

トーク⑨最近のマサタカ君
4回分も「居酒屋捜査官」のことを話したセブン(河本氏)。
最近の居酒屋捜査官は「12人の刺客」が決まった前後、それが最も新しいもので連絡手段は「セブン(河本氏)はメール→マサタカ君はメールを見るに電話で返してくる」
セブン(河本氏)「数通の着信履歴をみると、忙しいのに大変申し訳ない気分になりますね」
ビールジョッキ1杯飲めるようになったらしいマサタカ君。
セブン(河本氏)「なんとも……成長しているなという……頼もしいですね」
今度始まるフジテレビの昼の連ドラが忙しく、イベントに来れなかったマサタカ君が朝にセブン(河本氏)に電話までしてくれていたことを告白してくれた。
セブン(河本氏)「行ってみんなと出会って、元気とかパワーとか貰いたい、本当に行きたかった」といっていたそうだ。

自分はまだ出会ったことのない生マサタカ君。きっと……テンパり、よけーなことを言ってヘンな墓穴をモリモリ掘って桐原さんにツッコミいれられるんだろーなぁ……。

次は……えーっと……記憶がフヤフヤな「つぶやき編」でもw

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/301-8ae0d807