上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの外。
珍しく? 世間様を気にしているケータイ兄弟のようですが


ケータイ捜査官7
セブン「世間ではな、一人でクリスマスを向かえることを『シングルベル』というらしいぞ」
ゼロワン「そこまでして祝いたいか。会ったこともない人間の誕生日なぞに……」
ロク「シングルベール♪しんぐるべーる……うううう」

ケータイ捜査官7
セブン「どうしたのだ。このようなお祭りごと大好きだろう。特にロク」
ゼロワン「お前には「でりかしぃ」という万能な言葉は登録されていないのか、馬鹿セブン」
セブン「どういうことだ?」
ゼロワン「だからお前は馬鹿セブンなのだ」

ケータイ捜査官7
ロク「おっおめぇら、あっしの話……聞きたいでぇごさんすか」
ゼロワン「いらん……もれなく欝になる」

ケータイ捜査官7
セブン「時間があるから話せロク」
ゼロワン「お前には「でりかしぃ」という万能な言葉は登録されていないのか、馬鹿セブン」
セブン「だから、どういうことだ?」
ゼロワン「まったく……だからお前は馬鹿馬鹿セブンなのだ」

ケータイ捜査官7
ロク「まず。クリスマスツリーの完全なる拒絶から始まりやす。すでに門松を部屋にセッティング。けれども、ケーキやご馳走は食いてぇから、一応予約……。まぁ、去年のケースでは……」

「洗面台で乾杯の挨拶に始まり、持ったシャンパンに「るねっさーんす♪」といいながら天に掲げ乾杯した後ラッパ飲み。……チキンの丸焼きを文字通り『まるかじり』し、その後丸々一個のケーキを独り占め。腹が落ち着いた頃普段より高ぇ入浴剤いれて風呂に入り、年賀状をしたため。就寝。3分後に『去年と一緒ダスーーーー』と咽び泣くんだぜ……」
ゼロワン「欝になる……」
セブン「ほー」


ケータイ捜査官7
セブン「ケイタのクリスマスと違って楽しそうではないか」
ゼロワン「全くの他人事だったらな……」
ロク「……」


ケータイ捜査官7
ロク「なんでぇ×3、彼女もちのコンコンチキにはあっしのバディの苦悩なんざわからんのでゲス!! この冷たさといったら……富士山の頂上並みでさー」
ゼロワン「なーかした♪泣かした♪セブンがロク泣かした。博士にいってやろ♪」
セブン「なっっっ」

ケータイ捜査官7
セブン「安心しろ。麻野や桐原。美作部長も仲間だぞ」
ロク「あーーーーー。超安心しやしたぁぁぁ」
ゼロワン「ある意味、網島ケイタが最も危険な立場に立たされたのは、スルーかセブン」
セブン「!?!?」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/345-956de10e