上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
ハシビロコウのフィギャーがなんか変なのは白昼に晒されましたが、とぉぉっても、ずうずうしくなってきたようで……



ケータイ捜査官7
ビル「あんな食い物なのか、どーかも怪しいものを美味しく頂いたコッチの気にもなれ」
ゼロワン「フォースのメシを食って無事とはなんてやつだ!!」
ビル「ふ、これが野生というヤツだ」
ゼロワン「野生というのは……普通そのようなものを食った死ぬんじゃないのか?」
ビル「肺魚を丸呑みできるのだ……カレーなんて……飲み物だ」
ゼロワン「それ以前に貴様のような鳥類は、カレーなんて食わないだろうが。むしろ食材……げふげふ」
ビル「なんかいったかね、黒いの」
ゼロワン「……今日は特別だからな」




ケータイ捜査官7
ゼロワン「魚介御前を用意してやったぞ!!!」


ケータイ捜査官7
ゼロワン「さあ貴様の大好きな魚だぞ。思う存分食らうがいい!!」
ビル「……」

ケータイ捜査官7
ビル「……切り身なんぞ、魚としてカウントされん!!」

ゼロワン「それは単なる好き嫌いという風にとっていいのだな」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/394-e0f741d3