上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 櫻井圭記
監督 渡辺武
視聴率 1.9%(関東地区)

ケータイ捜査官7





ELIZA(エライザ)の中はまるで給湯室!!!!


総集編という名の割には内容ともども、かなり豪華な「番外編」
ケータイたちは「人類大www」になって雑談しているし、ゼロワンの新曲「アヴェ・マリア」やら、
エレベーターに軟禁状態のケイタ、桐原、瞳子、千草さんやら。
桐原の「セクハラ・ノーカウント笹団子発言」やら。
この物語のファンなら抱腹絶倒な内容盛りだくさん。

00
00
00
ゼロワンと和解したケイタ。一応ながらもゼロワンのことを許しケイタに託したアンダーアンカー。
お話は、23話/ケータイ死す の直後。

部長「ゼロワンはどうしています?」
ケイタ「馴れ合うのは嫌いだといって、どっか行きました」
部長「あなたに託したのに……」
そらまぁ。この3人はゼロワンの被害をもっとも受けた人たちだし、千草さんにいたっては間接的に恋人殺しているし「さあ許せ! 今日からゼロワンも仲間だ、友だちだ!!」とかって無理だしねぇ。
ケイタは、ゼロワンからのメッセージ
真の敵はアンカーにいるが気になってしかたない。


00
00
アンダーアンカーの廊下で新曲「アヴェ・マリア」を披露するゼロワンさん。


00
ご隠居は、いい機会だからってんでセブンとサードを「魔改造」する気マソマソ


00
00
00
地響きなバイブ音
やたらとでかいセブン、よっこいしょといって座るなwww

00
00
00
000
上から華麗に「墜落」してきたサードも話にくわわる。



00
桐原紹介コーナーは「この男かなり口が悪い」と
桐原さんの「回避不可の悪口雑言歴史」を振り返り、散々やられっぱなしのケイタを不憫に思ったのか、
00
桐原の弱点を聞き出そうとしているし

00
00
ゼロワンとの和解シーンに涙ぐむサード。


00
物凄い足音たてて話題のゼロワンさん登場


00
00
ゼロワン「もしもケイタが俺をバディに選んだらどーする」
セブン「ぐぬぬぬぬぬ」


00
00
00
桐原、問題の笹団子発言wwwwwww
桐原「だれが、笹団子みたいな身体みるか!!!!」

ひでぇぇぇぇぇぇぇ。そのセンスが恐ろしいぞ桐原www


00
セブン「ケイタが来た!!」
まるで犬のような顔のセブン

00
00
00
00
ゼロワン「ケイタが俺をバディに選んだら、お前は裏切りと思うんじゃないのか」
セブン「バディがそんな選択をするはずがない!」
まるで、浮気されそーな女房のようなセブン。
セブン「おっ覚えてろよっっっ」
ゼロワン「ヘタレめ」
……へタレってか……ダメダメじゃんっっ

00
00
00
ゼロワン「ELIZA(エライザ)よいつまで遊びに付き合っているつもりだ」
じつはこの中、ELIZA(エライザ)の中。
サード「意外とこの中、広いんですよね」

00
00
ELIZA(エライザ)から徒歩で出てくるセブン。
「呼んだかバディ」
しゃーしゃーといってます。

00
ケイタ「なにしていたの?」
セブン「ELIZA(エライザ)に今までのことを報告していたのだ」

00
00
「私を裏切るなよ」
「は?」


……ケータイなのに、嫉妬深いのね……セブン
Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/40-f9b3f2f8