上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






さて↓でもありましたが、勝手に少女漫画?について語ります。

つなみにネイトは、えーっと小学校4年の頃はりぼん買っていましたが、一年チョットで卒業しました。
それ以降漫画雑誌はえーっと、ああ一応あれも少女漫画か……
愛読書は廃刊になった『ハロウィン』だったが、なにか?




さて、ネイト的アレなのだが、古今東西漫画、もしくはアニメで「専門機関」が絡む作品には
基本的にハズレはない。


なぜかというと、ぶっちゃけ「その業界を盛りたてて欲しい」という気持ちがあるので作家はまあ……色々あろーが、基本ギョーカイ+編集側はホンキ出す、からだ。

テニスの王子様(許斐剛/日本テニス協会)
モンキーターン(河合克敏/日本船舶振興会)
ガンバ! Fly high【アニメ・ガンバリスト! 駿】(菊田洋之/森末慎二 /日本体操協会)

などなどもっと沢山あるわな
近年では特撮にもでてきて
トミカヒーロー レスキューフォース、レスキューファイアーは協力として「東京消防庁、日本自動車連盟」が入っている。


正直子供を手っ取り早く興味を持たせる、と書いて「洗脳」するには、アニメ、漫画が効果的なのだ。



んで、最近の企画モノで最も面白いと思ったのが、コチラ。
夢色
夢色パティシエール

わぁ~い、お目目キラキラ~♪(遠い目)

と侮るな!! 怪我するぞ!!
原作/松本夏実 
協力/社団法人 日本洋菓子協会連合会、パティシエ/青木定治


なにこの協力の布陣はwww
※ネイトは、どーみえるかは別ですがw130年続く和菓子屋の血筋ですwwwwギャースwwwいや、マジデwww



基本的ストーリーは、まあカンタン。
主人公(中央)中学生の天野 いちごが、製菓専門学校・聖マリー学園に編入。そこでパテシエール(女版の菓子職人のこと、メンズはパティシエ。フランス語とイタリア語は単語単位で女性男性がハッキリしているヤッハーフェミ来てみやがれwwな言語だw)になる夢を叶えるべく、同じグループの「スイーツ王子」たちと協力し夢を目指すというお話。



古式ゆかしい少女漫画の鉄則「男は主人公に夢中で絶対服従、かつ裏切らない」は守られています。
んでもう1つの掟「逆ハーレムに本人自覚なし」も健在です。

主人公/天野 いちご(中央)
スキル/直感タイプ超天才型
おばあちゃんがコノ学校の本校(フランス)でも優秀な卒業生(故人)。おばあちゃんに憧れ「なにもとり得がない」自分に自信をつけるため、ひょんなことで出会ったアンリ先生(本校)にスカウトされ、学院(日本分校)に編入してきた。
天性の殺人級ドジだが、本人+他人が全く自覚がないが「絶対味覚」の持ち主。
Aチーム(王子+いちご 通称/チームいちご)ではスイーツのデザイン+コンセプトデザイン担当。
たぶん得意ジャンルは、果物のスイーツ。
着々と天才ロードを爆走中。


樫野 真(右上茶髪)
スキル/努力家
学園でチヤホヤされている「スイーツ王子」の一人。得意なジャンルはチョコレート。
叔父(血縁がない)に憧れ、実家は医者の一族なのにショコラティエを目指す
通称「どSの樫野」
成績は常に1位(一位から陥落した時は退学で、家の病院を継ぐべく転校というのが両親との約束ゆえ)
頭はいい、顔はいいが、顔がいいことで世間がうるさいので、ヒドイ性格を形成したという話に至っている。(基本女は嫌い、ホモではない)

学園では彼にバレンタインのチョコは送らないことになっている。
チョコを送る = 樫野にケンカを売る と同義語だから。

幼馴染は、安堂くん。
シャトー製菓(たぶんコノ世界における○ッテか○治に相当する製菓会社)の令嬢/小城美夜(通称/オジョー)からスーキングされているw



花房 五月(左下緑髪)
スキル/感性系天才+努力家
「スイーツ王子」の一人。得意なジャンルは、アメ細工、マジパン細工
父は園芸家、母は華道家。父を早くに亡くし早くひとり立ちして母と共同で衣食住のコーディネーターなにるのが夢。
極度のナル男、かつ自覚的なフェミニスト。
スイーツ王子たちが「全員いちごに気がある」中、専制パンチ「いちごに告白」した猛者でもある。
最も「いちごに忠実な男」
女には優しいがメンズには容赦がない。同室の樫野と入学早々大喧嘩をするかなり手の早く気が短い側面も持つ。


安堂 千乃介(右下メガネ)
スキル/実家系実務型努力家
「スイーツ王子」の一人。得意なジャンルは、和スイーツ。
実家は和菓子屋で跡取り息子の長男(兄弟はかなり多い本人も入れて5人兄弟、かつ二世帯住宅)
夢は実家の隣に和洋を組み合わせた新しい発想のある店を出す事である。
……このドリームショップが、実家潰すかもしれないという気持ちはサラサラ感じていない様子……。
必殺技が和スイーツ一本という点と必殺技が少ない点から「影が薄い」と本人が自覚している。王子の中で成績が一番下なのも彼(といっても3番か4番程度)目下和スイーツ以外にも「科学的な菓子作り」という地味な分野で頭角を現している。……3人の中で最も大人っぽく見えがちだが、メンタル弱い。そして実家が自営業ゆえ「利益主義」


スイーツスピリッツ(羽の生えた二頭身キャラ)
精霊界にある「スイーツ王国」の宮廷パティシエになるため、人間界へ修行にやって来ている精霊たち。
とり憑かれた人間にしか目視+会話はできない。
基本「優秀な人にしかとり憑かない」
一般生徒間では都市伝説扱いになっている存在。
お役目は女王様を楽しませるための「カード集めw」
パートナーに助言できるが、手伝えないのが制約の1つ。
「スイーツ王国」の生態系はクレイジーだw




まあ見た目は子供っぽいんだが、やっていることがかなり凝った内容で
お菓子作りに名を借りたスポコン番組である。
勝つためには手段を選ばなかったり
※お金かけたり、デザイン盗んだり、空調細工したり、スイーツの具材に陰謀を加えたりと……まぁ~すごい。
古生代の少女漫画のスポコンかよwww



しかも、子供番組の主題歌の伝統をがっちり守っているwww

「番組タイトル」「どういう内容なのか?」「なにして目標はなんなのか?」など全部盛り込まれ、かつ洗脳度が高い歌である……



120年の菓子屋の血が叫ぶのです。
ひとこと思う点は「素材+材料の金額制限」とか持たせる試合とかあったほーがいいんじゃね?
と思ったりもするがw
夢がねーーーかw



Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/404-8329e3ac