上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ケータイ捜査官7





ここはアンダーアンカーのサーバ、エライザの中。
漫才を勉強したいとかいってるんですが……



ケータイ捜査官7
セブン「歩くケータイとドーンと行ってみよう!!」
ゼロワン「ドンドン・パフパフ」
ゼロワン「オレは歩く都市伝説1号!!」
セブン「おっ同じく歩く都市伝説7号!!」
セブン+ゼロワン「「見るともれなく何かあるぞ!!」」


ケータイ捜査官7
セブン「なっなにかってなにがやねんっ」
ゼロワン「くそっ……あいた。そらぁ~都市伝説、あんなことやそんなこととか」

ケータイ捜査官7
セブン「漫才は……もう一人の相方がよくテレビでみている程度しかわからん!! んで通信教育で勉強したぞ!!」
ゼロワン「は? そんな便利なものがあるのか? セブン」
セブン「あるわけないだろう!!」


ケータイ捜査官7
セブン「ちなみに漫才と空手は免許皆伝だ!!」

ケータイ捜査官7
ゼロワン「お前は上田次郎か!!」

ケータイ捜査官7
セブン「誰が貧乳やねんっ」ぼか!!
ゼロワン「たたくなっ……あいた!! 見てみいペッタンコの洗濯板やないかー」





ケータイ捜査官7
セブン「……ざっとこんな感じだ」
ゼロワン「無性に腹が立つ!!」
セブン「それはボケたりツッコんだりするからだ」
ゼロワン「ところで漫才の通信教育の件なのだが……」
セブン「お笑いの脚本だったらあるぞ、通信教育」
ゼロワン「まっ漫才は思いつきで喋っているのではないのか!?!?」
セブン「……愚かな」

Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/414-8913b9a4