上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






脚本 冨岡淳広
監督 三池崇史
視聴率 2.3%(関東地区)
※第01、23話SPの為、加重平均は第01、23話を55/27倍(=2.037倍)にして計算。>

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7

ケータイ捜査官7







マギラ、大いなる内職その②


23
23
23
23
23
目が覚めたら、そこは……たぶん船の中でした……拉致られて気がつくケイタは、かばんをひっくり返してセブンを探すが見当たらない。落ちていた見知らぬケータイからは、マギラの声。
「早く見つけ出さないと、セブン死んじゃうよ」

あまり使いたくなかったが……
タイムゲームの始まりだ!!!
……わたし、キバのルークの語る「タイムゲーム」の意味、いまだにわかんないんだけど、まあいいや。


23
23
23
船から脱出、ゲイ(レスキューフォース・マールの中の人)からチャリ強奪。
滝本との絆の場所(#1の工事現場)を目指すケイタ。


23
23
23
ゼロワン、ブーストフォン アナライザーを着身してセブンと直にリンク。
セブンのID使って、アンダーアンカーの正面玄関から進入、ネットワークに介入し始める。


23
23
23
23
23
アンダーアンカーの上をいくゼロワン+マギラの攻撃にアンダーアンカー出遅れ、
アンダーアンカー→アンカー本社→ネット世界へと、ゼロワン(セブン)の侵食が進み、現実社会への被害へと発展していく。


23
23
最初の絆の場所はトラップ、次は始めて並列分散リンクを行ったトラップビルへ。

23
23
23
23
警察もアンカーにやってきた。
謎の議員秘書・元宮 英彦登場。


23
23
23
23
次のトラップビルも偽者。


23
23
23
ケイタ、公衆電話からアンダーアンカーへ連絡。
「並列分散リンクをお願いします、セブンの居場所を突き止めるには、それしかないです」

一体誰とリンクしろと……。アンカー内にはサードしかいない。
そう、ELIZA(エライザ)を乗っ取っている「アンカー内にいることになるセブン」と、アナライザーで直にセブンと繋がっているゼロワン、3機で。

23
23
23

元宮「また並列分散リンクの使用ですか」
刑事コンビ「!?」
元宮、伊達、宗田の異次元会話に、刑事コンビついていけず。

23
23
セブンとケイタを救うために、サードは笑って危険な並列分散リンクを快諾。

23
23
23
ゼロワン「解とはなんだ?」

3つのPBが繋がっても解けないゼロワンの「解」

23
23
23
セブンの居場所を掴んでサード帰還。

23
23
23
23
23
23
ズタボロになってやっとたどり着いたセブンの居場所。
マギラに背後をとられ、気が着いたら鎖で繋がれていたケイタ。
セブンはケイタが心配なあまり「自分は大丈夫」とウソをつく。
PBは機械なので絶対にウソはつかない。あの性悪なゼロワンですらウソつかない。


23
23
まだまだ異次元会話続行中。
志村刑事ついていけずに、どっかいったw

23
23
23
23
23
23
桐原のいく手を阻むマギラ。
ここで初めてアンダーアンカーは、マギラの存在を知ることになる。

ご隠居の話だと。
・元アンカーのエージェント
・PBファイブのバディ候補だった
・ゼロワン事件でファイブが破壊されたことで「バディ候補を辞退」
・ゼロワン事件以降直後に死亡

……てな感じのよーだ。



23
23
地球上のネットワークに繋がってしまったらセブンが活動停止する。

23

ケイタ「世界よりもセブンだ!!! セブンは俺のバディ(相棒)だ!!!」


23
23
ゼロワン「俺の負けだ」
ゼロワンの探していた目には見えない「解」は、やっと目の前に現れた。

23
23
ネットワークは回復し、セブンも戻ってきた。

23
23
一方瞳子は、桐原が捕まえたマギラ確保に向かうが、マギラは脱走していた。

23
23
23
ケイタ「痛いところとかないか?」
久しぶりにゼロワンとあった、ご隠居。
水戸「おっいたいた。ずいぶんと長い家出だったじゃないか、ちゃんと充電してんのか?」
ゼロワン、もじもじ。水戸さんのことが好きっぽいなw


23
23
23
23
ケイタ「解体しないで下さい、お願いします。ゼロワンのこと俺に任せてはくれませんか?」
ケイタ「PBゼロワンと網島ケイタの関係でいいか?」
握手するケイタとゼロワン。
セブンは感動的だといって写メってます

23
23
この事件の責任をとり宗田はアンカー株式会社の会長を辞職。
かわって伊達がアンカー株式会社の会長になった。
……ひらったく思えば「入れ替わっただけ」ともいう。



23
志村「あいつら……結局重要なことは一切言っていなかった気がする」
ぼんやりと聞いていたわりには核心を得ています。


23
23
23
玄関先でずっと待っていた母に毛布をかけて、自室にやっと戻れたケイタ。
リュックの中を漁ってもゼロワンの姿はない。
セブン「馴れ合うのは嫌いだといって出て行った」
ケイタ「お前とめろよっっっ」

23
23
23
ゼロワンからのメールを受信するセブン。

真の敵はアンカーにいる

驚愕の内容に言葉う失うケイタだった。
Secret

TrackBackURL
→http://drmccoy100.blog86.fc2.com/tb.php/42-840475e5